合皮生地特集

合成皮革生地とは

合成皮革とは、布地をベースにしてその上に合成樹脂を塗り、表面層のみを天然の革に似せた人工素材のことをいいます。
合成樹脂はポリ塩化ビニールやポリウレタン樹脂を使った「ビニール製」や「プラスチック製」です。
この樹脂を表面に貼り付け、型押しをすることで革のように見せています。
見た目は革に似ていますが、革独特の匂いや手触りまでを再現することはできません。
合成皮革は 合皮 やフェイクレザーとも呼ばれていて、ソファや 車・バイクのシートなどに使われています。

衣料用合皮生地

服における合成皮革

車両・ソファ用合皮生地

車・ソファにおける合成皮革

雑貨用合皮生地

雑貨における合成皮革

型押し合皮生地

型押し合成皮革

エナメル合皮生地とは

エナメル合皮生地とはエナメル加工を施し光沢感やツヤをもたせた合皮生地になります。
ぱっと見るだけでは本物と見分けがつかないほど、近年のフェイクレザーは性能が向上しており、様々なシーンで使用されています。
一言にエナメルと言っても加工方法によって風合いが異なるのでお気に入りの生地を見つけてみてください。

PVC(塩化ビニル樹脂)生地とは

PVCとは、「Polyvinyl chloride (ポリビニールクロライド)」の略です。
耐久性が高く、汚れに強く、水や中性洗剤で汚れを拭く事ができる為メンテナンスが非常に簡単です。
加工性が高く、機能性の高い付加価値商品があります。
PVCレザーは比較的安価に手に入れる事ができますが、通気性や弾力性、柔軟性では、PUレザーには劣ります。
長年の使用で表面がかちかちに固くなったり、経年劣化で表面のコーティングが割れるリスクがあり、本皮、ジーンズ、新聞紙、印刷物など染料を使用している素材と接触させると色移りが生じる事があります。

PU(ポリウレタン樹脂)生地とは

PUとは、「Polyurethane (ポリウレタン)」の略です。
柔らかくしなやかで、肌の様な風合いがあり、より本革(天然皮革)に近い質感があります。
弾力性、柔軟性が高く、やわらかいカーブがポイントのものに適しています。
PVCレザーに比べると通気性があり、撥水性も高いのでメンテナンスが非常に簡単です。
(PUレザーのお手入れの基本は乾拭きです。)
経年劣化により加水分解をおこし表面がはがれることがあります。

page top